FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萌えもんキャラで世界樹の迷宮をプレイその4

我等、害メンバー!


着実に迷宮を進む害メンバー。しかし、度重なるトラウマの増加により、
1人の仲間が精神的に限界を迎えていた。

INDY「よーし、今回は地下三階を踏破するぞ!」

なずな「あの・・・マスター」

INDY「ん?どうしたなずな?」

なずな「働きたくないでござる!」

INDY「何突然ニート宣言してんのお前ー!?」

萌えもんキャラで世界樹の迷宮をプレイ
第4話「ブシドーとカースメーカー」


意気消沈しているなずなの話を聞いてみると、どうやら前回、前々回と
トラウマが連続で増えたため、少し休みたいらしい。

なずな「非常に申し訳ないです・・・でも今の精神状態では
マスター達の足手まといになってしまうと思うんです」

INDY「そっか・・無理させちまってたかな。ごめんななずな。
しばらくはオレが頑張るからボールの中でゆっくり休んでてくれ」

すず「マスターには私達がついてるから心配しないで」

このは「無理はダメ・・・・・」

なずな「うん。みんな、マスターの事よろしくね」

あやめ「では今回の編成はどういたしますか?」

INDY「オレとすずが前衛。このはとあやめは必須だから・・・
沙霧か伊織に後衛についてもらうか」

伊織「じゃあ私がボールに入ってるわね。補助の沙霧がいるほうがいいでしょ」

沙霧「わかった!あたし頑張るよ~!」

INDY「うし!行くぜ地下三階!!」

なずなと伊織をボールに入れて地下三階へ。

INDY「ここにくるまでで無駄にダメージ受けたんだが・・・」

すず「地下二階のモンスターも強いからね・・・」

沙霧「ここ凄く広いね~。向こうにFOEが見えるよ!」

追ってくるFOEを避けながら先へ進めという事らしい。

INDY「えーと、じゃあ適当にこっちに移動を」

伊織『FOE目の前に来てるわよバカー!?』

なずな『逃げてくださいマスター!バックバックー!!』

INDY「うおぉ危ねぇ!?」

このは「・・・・扉が見える。あの先は多分安全・・・・」

あやめ「ご主人様、逃げ込みましょう」

INDY「おっしゃー!ダッシュだー!」

そして扉の向こうは・・・・

あやめ「あらあら、また大広間ですねぇ

すず「マスター、もしかしてこの先には・・・」

INDY「いるだろうねFOE!!仕方ない、また逃げ回りながら進もう」

案の定FOEがいたので大騒ぎしながら回り込み先へ。
すると、2人の人間が扉の前に立っていた。
一人は漆黒のローブを身にまとった少女、もう一人は一本の刀を手にした
鋭い目つきの長髪の女性である。

INDY「まだオレらが選べなかったカースメーカーとブシドーかな?
羨ましいな~。早くブシドーのすずが見たいぜ・・・」

ブシドー「何者だ!?」

INDY「ちょ、ちょっと待てって!怪しい者じゃない!」

ブシドー「お前はともかく、後ろのやつらは・・・人間ではなさそうだが」

すず「私達は冒険者だよ。害メンバーというギルドに所属している」

ブシドー「エトリアからの冒険者か。ならば執政院の連絡を受けていないか?」

なずな『警戒を解いてくれたのはよかったですけど・・・何か受けてましたっけ?』

INDY「特に何も聞いてないような・・・」

伊織『呆れ顔されてるわよ?』

レン「私達は執政院ラーダの指示によりこの地を見張っている。
私がブシドーのレン、こっちがカースメーカーのツスクルだ」

INDY「レンにツスクルだな。オレはINDYだ、よろしく!」

レン「とにかく、一度街まで戻るんだな。執政院ラーダを訪れて、
詳しい話を聞いてくるといい」

あやめ「どいてくれる気は無いみたいですね。一度戻りましょうか」

このは「来たばかりなのに・・・・」

沙霧「仕方ないよ。しっせーいんにお話聞きに行こ?」

INDY「そうだな。糸発動!」

街へ戻り執政院で話を聞いてみる。なんと下層の方から狼が現れて非常に危険な現状だそうな。
新規ミッションでそいつの討伐が出ている、という事は・・・・

INDY「オレらで倒せって事だよな・・・?」

すず「フォレストウルフの親玉、スノードリフトを倒すみたいだね」

このは「地下五階にいるって・・・・・」

なずな『さっきのレンさんとツスクルさんと協力ですか・・頼もしそうでしたよね』

INDY「きっと介錯で味方もろともばっさばっさと・・何だろう、そんな未来が視えた・・・」

すず「同じく・・・・」

詳しくはmixiの世界樹Ⅲで起きた事件参照。
とりあえずレン達のいる場所へとんぼ返り。
ミッションを受けてきた事を伝えると、道を開いてくれた。

レン「オオカミ達は手強い相手だ。せいぜい気をつけることだ。
我らも可能な限り手助けしよう」

INDY「ありがとな!よーし、先へ進むぜ!」

で、3つ扉があるのでとりあえず直進。またもFOEが追ってきたので逃げ・・・

INDY「行き止まりました」

伊織『どーすんのよ!?あ、でも糸あるんだっけ』

INDY「・・・えぇい!いつまでも逃げてたまるか!!やるぞお前ら!!」

あやめ「ご主人様のおおせのままに」

すず「マスターがそう言うなら、了解だよ」

なずな『えー!?マスター無茶です!?』

INDY「見せてやるぜなずな!トラウマ作るだけが冒険じゃない!」

怒れる野牛というモンスターだった。大暴れでオレが瀕死まで持っていかれたりしたが、
ダブルアタックが発動したりこのはの術式のダメージが高かったり、
そもそも先手を取っていたので撃破成功!!

伊織『すっごーい!ホントに倒しちゃった!?』

INDY「お、思い知ったかー!FOEがなんだってんだ!!」←残りHP7

あやめ「ご主人様動かないでください。今回複しますから」

すず「みんな、お疲れ様。何とかなるものだね」

なずな『か、感動しました・・・惚れ直しましたマスター!』

INDY「ぶっちゃけこのはやすずの方がダメージ与えてたけどなw
沙霧の歌のおかげで攻撃力も上がってたし何とかなったぜ」

沙霧「えっへん!」

更に先へ進むと、オオカミが兵士を襲っている所を発見。
これは助けないとマズイよな!!

すず「こっちもそれほど余裕は無いのだけれど・・」

INDY「勝てるのか不安すぎるがやるぞー!」

そのまま戦闘突入かと思いきや、ツスクル登場。オオカミを倒してしまった。

すず「たった一人で・・・カースメーカーの呪言は強力だね」

ツスクルがHPとTPを回複してくれた。いい娘だ・・・!!

ツスクル「この兵士は私が介抱しておく。だからあなたたちはこのまま先へ・・
もうすぐ四階への階段があるわ」

スノードリフトを倒すまではここで毎回回複してくれるらしい。
マジでいい娘だ・・・・!

このは「・・・・あ、階段発見」

なずな『とりあえずこれで三階は踏破ですね。傷はツスクルさんが回複してくれますけど、
記録するために一旦戻っておきますか?』

INDY「そうだな。今回は特にトラウマになるものも無かったし、よかったよかった」

あやめ「当面の目標は地下五階のスノードリフト撃破ですね」

INDY「おう!がんばるぞー!!」

しかし地下五階の前にまずは地下四階だ!頑張れ害メンバー!!

次回へ続く!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

う~む、早い。 世界樹Ⅲの時から感じてたけど、進める速度が速いよ、INDYさんw
こっちはこっちで、第一階層の最強FOEと戦う形で次の話を書いてますけどねw
因みに、ブシドーはそんな能力はありませんので悪しからずw

ところで、レン&ツスクルとあったという事なので、その辺り使ってもいいですかね?
フラグになるか不明ですが、面白そうではあるのでw

ではでは

No title

>龍使いさん

早いのだけが取り得です!w
あぁ、ブシドーは介錯無いんですね安心だ・・・

いいですよ~。自由に使ってくださいw

No title

レンツスktkr
カスメを使うときにツスクル使わせろと思ったのはいい思い出です。

スノドリさんには嫌な思い出が…
まあボスにはとりあえず突っ込んで全滅してから対策考えるとかいうプレイスタイルも悪い気がしますが。

No title

>パンダさん

レンとツスクルは重要キャラなのかどうなのか・・うーむ。
初見だと色々考えることが出来て楽しいです!

スノードリフトという名前を聞いて明らかに
オオカミの名前じゃないだろうと思いましたw強いんだろうなぁ・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。